方眼ノート=スマホ!?

Fotolia_103149261_Subscription_Monthly_M

From:高橋政史

恵比寿のカフェにて、、、

 

明日は、方眼ノートトレーナー0期のB日程の初日。
28名の方が参加されます。

セミナー講師経験が豊富な方から、
「セミナー講師経験、ゼロなんですよ!」という方まで。
北海道から九州まで。

桜の季節を前に、A日程とあわせて60名近い
方眼ノートトレーナーが活動を本格化させていきます。

全国各地、あなたの身近なところでも、
方眼ノートトレーナーによる

《【認定】方眼ノート1dayベーシック講座》

が開催されていきますので、ぜひ、足を運んでみてください。

書籍『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』を
お読みの方、そして私の24本動画をご覧なられている方
であっても、、、

「ベーシック講座」で展開されていく内容にきっと
「その手があったのか!」とビックリしてもらえると思います。

例えば、、、

「即効!1回で一生身につくワーク」

「劇的!ビフォー・アフター・ワーク」

「簡単!30秒プレゼンテーション」

「世界初!手のひらサイズの超思考整理法」

「秒速!ノートの見返しスピード10倍速法」

「中2男子の500点満点中480点の秘密」

「進学校!学年1位の中1女子、学年3位の高2女子」

「実践!1億円の契約が取れた理由」

「達成!84.6%の企業が”売上2倍”を方眼ノートで実現」

など、リアルな物語と、たった1回で元の思考スピードに戻れなくなる高速ロジカル右脳を使えるようになるワークなど、『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』に登場する外資系コンサルタントや東大合格生やノーベル賞学者といった「頭がいい人」たちが実践する「世界標準の頭がよくなるノート(思考整理メソッド)」を手に入れることができるようになります。

 

ガラケー=これまでのノート

スマホ=方眼ノート

 

あなたのノートが、ガラケーから「スマホ」に変わったときに体験・体感した「もう、元の世界には戻れない」くらいの大変化が起こります。そして、その変化はあなたの気持ちや考え方の変化のみにならず、「新しい現実」としてあなたの目の前に訪れることになります。大きく3つの変化がもたらされます。そして、その「大変化の3つ」とは、あなたの年収アップに直接リンクする重要な「大変化」です。それは、、、

1.勉強ができるようになる!

2.仕事ができるようになる!

3.仕事がとれるようになる!

の3つです。

そう、この「1→2→3」のステップは、年収が高くなる要件そのものです。そして、この年収が高くなる「1→2→3」のステップを、1パターンの思考のメソッド=方眼ノートにより実現していくのが《方眼ノート講座》です。

※《ナビゲーター講座では、主に1と2の「結果を出せる人」の基本=勉強も仕事もできる!そのために必要なたった1つのこと=ノート(第2の脳)を進化させる6時間をお届けします》

ここで、方眼ノートの本質を私たちが日頃手にするあるものに例えてお話しましょう。

「方眼ノート=スマホ」

あなたが「方眼ノート」を正しく使えるようになることは、「ガラケーが「スマホ」に変わるくらい、あなたのノートが進化する」ということです。「ガラケーが「スマホ」に変わるくらい、あなたのノートが進化する」とは、どういうことなのか?はじめて「スマホ」を購入したときの体験・体感を思い出して欲しいのですが、、、「あれっ」というくらい一瞬で「スマホのある世界」の住人になりませんでしたか。購入して数時間後にはいくつも「アプリ」を使いこなしていませんでしたか?そして、それにより、これまで頭の中で「あったらいいな…」とか、「できたらいいな…」と思っていたことが、手元でできるようになってしまったのではないでしょうか。

 

方眼ノートを1枚書く

=できる人になる

 

「これまでのノート=ガラケー」だとしたら「方眼ノート=スマホ」のようなものです。これまでのノートではできなかった…「方眼ノートを1枚書くと、30秒でプレゼンテーションができるようになる」「方眼ノートを1枚書くと、自分の思い込みから解放され、即行動できるようになる」「方眼ノートを1枚書くと、自分の欲しい未来とそのためのシナリオが見えてくる」「方眼ノートを1枚書くと、成績が上がる」「方眼ノートを1枚書くと、仕事がとれる」というような「これからの世界」がふつうに出現していきます。

「これまでのノート=ガラケー」では、動画再生はしんどいものでした。でも、スマホになり手元で動画でストリーを見ることができるようになったように、方眼ノート1枚で、あなたの欲しい未来=結果に直結する行動(アクション)が展開していく物語をその上で展開できるようになります。

誤解を恐れずに言えば、「ノートを書く=結果が生まれる」ものだと私は考えます。だから、極端な言い方をすれば、結果につながる行動の見えない「単なる思いつきのようなメモ」のようなノートの価値はゼロ=年収は上がりません。「ノート=第2の脳」。知識社会を生きる私たちは、日々、脳を進化(脳の回路のつながりを変える)ことで、昨日より今日、今日より明日をより豊かにしていく存在です。

「思考は現実化する」と言いますが、その場合、思考には2種類あります。自分が欲しい未来へ連れて行ってくれる「未来へのシナリオ」がクリアに見えている思考と、自分の欲しい未来が見えない…自分の欲しい未来への筋道がボンヤリ…自分がそもそも何がしたいのか見えていない…ボンヤリとした思考の2種類です。

ノートは「第2の脳」。

合言葉は「ノートに書いてみて」。

ノートに書いてもらえば、その人の思考がどの程度クリアに整理されていて、その「思考が現実化する」からが見えてきます。思考は現実化するとは、「願えば叶う」というものではありません。頭の中で「願っている」だけでは現実は1mmも動きません。現実を動かすのは「行動」だけです。そして、その「現実を動かした先に出現する未来(新しい現実)」が自分が喉から欲しい未来かどうかは、「ノートに書いてみて」もらえば、一目瞭然です。

ノートの上に書きだされたところに、欲しい未来がなければ、欲しい未来を自らの手で引き寄せることはできません。一方、ノートを取り出し、そこに「欲しい未来」を描き出すことができていたら、そして「欲しい未来」が心の底から「これ、私の欲しい未来は!」と思えるなら、そこに未来へ一歩一歩と行動を重ねていくシナリオを描き出すことができます。

「方眼ノート=スマホ」だとしたら、あなたは、あなたの「ノート=第2の脳=未来とシナリオのある場所」をどうやって進化させていきますか?動かずにじっとしているよりも、未来へ向けて進化させていく一番身近な場所、それはあなたの手もとのノートの上にあります。

これから、このメール講座の中でも、方眼ノートトレーナーたちが、どのようにして「方眼ノートで、新しい現実を自ら切り拓いていったのか?」そのリアルな物語をお届けしていきます。

ぜひ、楽しみにしておいてください。

それでは、またお会いしましょう。

高橋政史