方眼ノートで、1億8千万円の契約!

Fotolia_43961766_Subscription_Monthly_M

From:高橋政史

六本木ヒルズのカフェにて、、、

 

「方眼ノートで、1億8千万円の契約!になりました」

という報告をいただきました。

法人企業に対し、ある業務のアウトソーシングの提供を行うベンチャー企業でお勤めの方で、まだ、幼いお子さんがいらっしゃるお父さんから…。

今回の報告をいただいたいて「ある事実」に気づきました。

「方眼ノートで契約がとれる人」には「ある共通点(事実)」があるんだ、、、ということです。

今日は、「方眼ノートで契約がとれる人」に共通する「ある事実」とは何か?という点についてお伝えします。

 

方眼ノートで契約がとれた!という話に、

あなたはどんな「反応」をしましたか?

 

これまで、このメール講座の中で、例えば、、、

・「1億円の契約がとれた」不動産コンサルタントの方

・「2000万円×2の契約がとれた」建築会社の社員の方

・「数千万円×複数年契約がとれた」製薬会社の研究職の方

・「官庁から大型契約がとれた」IT企業のコンサルタントの方

・他

方眼ノートで、契約がとれた!というケースをお伝えしてきました。

この話をお伝えすると、決まって、「そんなにうまくいくのですか?」「本当なの?」「自分の業種だと難しいと思うのです…」とうような「反応」をされる方がいます。

じつは、「この反応」が出てくる人はキケンです…。なぜかというと、成功しにくい「脳の回路」がプログラミングされている可能性が大だからです。

 

成功を分ける「2つの反応」

Aパターンと、Bパターン

 

このキケンな反応を「Aパターンの反応」としましょう。

なぜ、この「Aパターンの反応」がキケンかというと、「Aパターンの反応」する人は、自分が経験のしたことのない「うまく行き過ぎた(つまり、これまでには方法よりも簡単にしかも突破的な結果を出した)事実」に触れたとき、いつも同じような「Aパターンの反応」が繰り返されるように脳がプログラム化されているからです。

一方、「方眼ノートで契約がとれた!」という話を耳にして、まるで「反応」をする人もいます。

この反応を「Bパターンの反応」としましょう。

「Bパターンの反応」は、「えっ、それってすごいじゃないですか。自分に置き換えたら、、、きっと、こうやって、あ~やって、このようにすれば、うまくいくかもしれない」とか、「そうか、その手があったか!」とか、「それなら、やってみよう」というような「物事のとらえ方が、可能性にフォーカスしている」反応です。

「方眼ノートで1億8千万円の契約をとれた」ベンチャーにお勤めのこの方の反応は「Bパターン」でした。そして、1億円契約の不動産コンサルタント、2000万円×2契約の建築会社社員さんをはじめ、「方眼ノートで契約がとれた」人は全員「Bパターンの反応」をする方でした。

そして、この「Bパターンの反応」ができるかどうかが、その人の能力や経験そして才能といった要素よりも、「リアルな結果」を出す上でで決定的に重要なことなのです。

Aパターンの反応から、

Bパターンの反応へ。

ちょっとした「意識のフォーカス」ですが、このフォーカスがAパターンからBパターンに変わるだけで、自己啓発書やビジネス書を数百冊読んでも起こらなかった変化が、スルッと出現するようになります。

 

人生は「コンマ数秒の反応」

の積み重ねからカタチづくられる!?

 

「ひとつの事実」を得たとき、

Aパターンの「本当なの?」「そんなにうまくいくはずがない…」という「どうせうまくいかない…他人事」の反応をしてしまうのか、、、

Bパターンの「えっ、それってすごい」「自分も!」という「こうしたらうまくいくかも…自分事」の反応ができるのか、、、

すべては、その「反応=コンマ数秒」で決まり、その「反応=コンマ数秒」により、どんな思考回路が動き出し、どんな行動が生まれ、どんな結果が出現するかがほぼ決まる可能性が大です。

反応速度よりも、反応方向。反応の方向がA方向なのか、B方向か、それによって、その後のルートがまるで別物になっていきます。そして、Aルートよりも、Bルートのほうが、きっとあなたが欲しい未来をより簡単に、より短期間で実現できるようになるでしょう。

それでは、またお会いしましょう。

高橋政史

 

スクリーンショット 2016-03-08 10.02.11