3秒でわかる!戦略と戦術のちがい

戦略

戦略と戦術の本質的なちがいを理解できるかどうか。

これは、ビジネスの世界で生きる上で必須科目です。なぜかといえば、戦略と戦術のちがいを本質レベルで理解し、実践できたら、

・時間管理/・優先順位を決める/・決断する/・計画を立てる/・収入のアップ・・・など。

ビジネスにおける、いろんな悩みや課題がスッキリと解決できるからです。

戦略と戦術のちがいを「3秒で伝える」ことができますか?

完全に理解できた!というレベルの深い理解には及びませんが、でも、3秒で記憶に焼きつき、その後のビジネス人生で、「そういえば、戦略と戦術のちがいは、これだよな」と思い出し、そのとき、そのとき、判断の指針となる「一行」があります。

それは、

戦略は「引き算」、戦術は「足し算」

ということです。

戦略は「引き算」、戦術は「足し算」。そう言われてみたら「それは、そうでしょ」というものですが、私自身、このシンプルな言葉を手にするのに、10年以上の歳月がかかりました。そして、戦略の書を100冊読むよりも、この3秒でわかる一行のほうが、私のビジネス人生に大きな影響をもたらしてくれました。

戦略

ビジネスとは、あらゆる可能性を引き算でそぎ落としていき、自社がフォーカスすべき一点を見極める(=戦略を立てる)。そして、そのフォーカスすべき一点を実現するために、あらゆる可能性の足し算をする「戦術」を立て、実行していくものです。

何もこれはビジネスに限ったことではなく、勉強戦略・戦術、人生戦略・戦術においても適用できるシンプルな法則。それが、

戦略は「引き算」、戦術は「足し算」

ぜひ、この一行を頭の隅っこに置いておいて、戦略的な判断に迷った時、戦術づくりで悩んだ時、思い出していただけたらうれしいです。