年間計画を捨てる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-05-9-19-27

高橋政史です。

 

いかがお過ごしですか?

 

きょうは、10月4日。

新たな四半期(10月~12月)がはじまり4日。

 

よく、物事はスタートダッシュで決まる。と、言われます。

 

すると、あなたのこの「4日間/92日」は、

10月~12月のあなたの目標を実現に直結する力強いスタートダッシュの4日間になりましたか?

 

よく、新たな年のはじまりや、新たな四半期をはじめるとき、多くの人は年間計画や四半期計画を立てます。あなたは、その始まりに、必ず計画を立てて望むタイプですか?

それとも、計画も立てずに行き当たりばったりで、なんとなく毎日を消化していくタイプですか?

 

もし、自分の人生や仕事をコントロールしようと思ったら、必ず計画を立てた方がいいというのは誰もが納得するところ。

 

あなたは、いかがですか?

 

仮に、始まりのタイミングで、計画を立てたとしましょう。でも、こんなことって経験されたことってありませんか?

 

年初や四半期の始まりに、「よし、計画を立てるぞ!」と気合を入れて、計画を仕上げた。でも、結局のところ、その計画を「書いて満足」。つまり、PDCAの「P(計画)」のところで終わる。そんなことを年中行事のように繰り返えしている

 

計画を立てた。でも、その計画を見返すことも、PDCAの「P(計画)」のあとの、D=実行、C=日々の検証、A=次の一手を繰り出すサイクルを回すことができていない。そんな方って、案外多いのかと思います。

 

あなたも、そんな経験をされたことがありませんか?

 

そんな経験をされた方に、私は逆説的な話をします。それは、

「年間計画を捨てる」という話です。

 

どいうことか?

 

それは、事実が物語ってくれています。

 毎年、毎年、年間計画を立ててもその実現に向けてのPDCAサイクルが回っていないとしたら、そもそも、その年間計画は機能不全さらに、年間計画を立てる→機能しないまた年間計画を立てる→機能しない→…ということが繰り返されていたら、

それは、機能しない年間計画の考動パターンがカラダに染み付いていくことになり、あまりよろくありません。

 

だから、こんなふうに考えてみてはどうでしょうか?

 

「年間計画を捨てる」

 

正確には、

 

「これまでの機能不全の年間計画を捨てる」

 

という意味です。

 

どうやって?

 

鍵を握るのは、計画以前の3つのこと。この計画以前の3つのことがあると、あなたの年間計画は絵に描いた餅から、あなたの仕事と人生を毎日ドライブさせていく「羅針盤」のような存在になっていきます。

 

これまでの年間計画を捨てる。

そして、あなたのドラマテックな人生と仕事が動き出す、「年間計画以前の3つの鍵」については、明日お伝えします。

ぜひ、楽しみにしておいてください。

 

ところで、あなたは、この四半期(10月~12月)の計画を立てましたか?

その計画をドライブさせていくべく幸先のいいスタートダッシュを切れていますか?

 

「物事はスタートダッシュで決まる」

 2016年の最終コーナーをまわった今、お互い、一気に加速させていきましょう。

 

それでは、またお会いしましょう。

 

高橋政史
 
追伸
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼3時間「超」のスペシャル動画セミナー

「超」結果手帳~44のレッスン~

無料スペシャル動画レッスン44本公開!

http://www.pdcagk.com/ds02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━