誰でも1ヶ月で「2倍速」で書けるようになる!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-9-06-32

高橋政史です。

 

117日、月曜日。

東京の朝は、1週間の始まりを感じさせる日差しとともにスタートしています。

いかがお過ごしですか?

 

 「書けないことは、収入の道を絶たれること」

 

これは、今とても著名になられたとあるマーケッターの方の言葉です。

 

この言葉に触れたのは、今から16年くらい前のこと。

当時、「インターネットがお金になる」と、ゴールドラッシュのようにネットの世界で数々のベンチャーが登場し、マザーズという市場ができたりしていたころ。

 

 「書けないことは、収入の道を絶たれること」

 

ということは、もしもあなたが会社に勤めているなら、

まだあまりピンとこないかもしれません。

 

でも、あなたが起業して、インターネット上で人脈を構築し、

お客さんを獲得するような状況にあるとしたら、

 

また、あなたがリアル店舗のご商売をされていて、

今後事業を拡大するために、より広い範囲のお客さんにリーチしようとしたら、

 

あなたがビジネスをしているとしたら、

 

 「書けないことは、収入の道を絶たれること」

 

ということは切実な問題だと思います。

 

正直なことを言えば、私自身、16年ほど前に、

 

 「書けないことは、収入の道を絶たれること」

 

の言葉に触れたとき、ものすごい衝撃を受けたものの、

じつのところ「書く=実践」することはありませんでした。

 

なぜか?

その必要が当時の私にはなかったからか?

 

答えは「NO」です。

 

必要性は感じていました。でも、つい日常の目先の仕事に追われてしまいがちになっていました。

でも、ある日、状況が一変します。

 

まわりを見渡すと、ネットという市場で、文章という武器を使って一躍、独自のポジション

を築いていく起業家の方やメディア登場していました。

 

そのとき、私は何を思ったか。

 

それは、

「時間を返してくれ!」

ということです。どういうことか?

 

「書く力を高めるには、時間がかかるから

「その時間、書く=実践をしていたら、もっと早いタイミングで

 自分のポジションを築くことができていた

からです。

 

ただ、のちに、面白い法則を発見しました。それは、、、

 

《1ヶ月で「2倍・10倍の法則」》

 

です。これは何か?

 

正しい環境の中で、正しいやり方をすれば、誰でも、1ヶ月で、

・文章を書くスピードは2倍になる。

・文章を書く量は10倍になる。

 

というものです。

 

ポイントは、

闇雲に文章を書くのではなく、正しい環境と正しいやり方。

 

スポーツの世界でも、研究の世界でも、

ビジネスの世界でも、コンサルティングの世界でも、

正しい環境があり、正しいやり方をすれば、

それまで10年以上、「超えられない」と

思い込んでいた壁を1ヶ月で超えた!という

当たり前のように起きています。

 

錦織圭は、マイケル・チャンというコーチの

もとで、世界TOP4入りできる「前提」から

正しい環境で、正しいやり方で、テニスの

力を高めていきました。

 

コンサルティングの世界でも、できる上司

がメンター役になり、一流のコンサルタント

になる道を、正しい環境で、正しいやり方で

導いていってくれます。

 

これは、

 

「文章を書く」=

すべての人に必要な収入とブランドをつくる武器

を手に入れることにおいても同じ。

 

それが、1ヶ月で「2倍・10倍の法則」です。

 

想像してみて欲しいのですが、

1ヶ月後の12月7日までに、

あなたの「書く」スピードが

2倍になり、あなたの「書く」

文章の量(しかも、第3者に

向けて)が10倍になっている

としたら、、、

 

それは、あなたの「これから」

にとって、どれくらいのインパクト

をもたらしますか?

 

単純に、「書く」スピードが2倍

になるだけでも、2倍の仕事が

できるようになるわけです。

 

1倍速の書く力で、これからの人生を

歩んでいくのか、

2倍速の書く力で(じつは、これは1ヶ月後

1年後には5倍速、10倍速に)、これからの人生を歩んでいくのか、

 

「書けないことは、収入の道を絶たれること」という

リアルに直面している

 

あるいは、今後、起業や独立を考えていたり、また出版を

考えているような方にとっては、

 

その後の人生を変えてしまうくらい「書くスピードと量」を

高めることが重要なことになってきます。

 

名著『7つの習慣』の中に登場する

緊急度ー重要度のマトリックス。

 

物事は、緊急なことと、重要なこと

の2軸で整理できて、じつは案外見落とし

がちな「緊急でないけど、重要なこと」

を放置してしまうために、

私たちは、あなたの人生も仕事も豊かに

してくれる「影響力」を獲得できない

というものです。

 

 「書けないことは、収入の道を絶たれること」

 

という16年前の予言は、SNS化する社会において、

その重みはズシリとくるものに

 

さらに、2018年までにネットの市場では覇権争いが

確定するといわれる中、もしあなたが、ご自身の存在でもって

世の中に価値を手渡していきたい!という思いがあるなら、

 

今すぐ、「書く=実践」をはじめていく

 

ことをおすすめします。

 

なぜなら、その「書く=実践」の積み重ねから、

あなたは、

 ・ライバルとは別のステージに立ち

 ・あなたがケアしたい人と出会い

 ・あなたが建築したい未来に遭遇できる

からです。

 

ここまでを整理すると、、、

 

・「書けないことは、収入の道を絶たれること」

・「書く=実践は、緊急でないけど重要なこと」

・「1ヶ月で2倍・10倍の法則」

・「2018年までに勝負あり」

 

もしあなたが講師やコンサルタント

あるいは士業といった、あなたの

専門性や成功体験をベースに、

関わる人の水先案内人として独自の

ポジションを獲得していきたいなら、

今すぐ、書く=実践をはじめていって

ください。

 

時間ですよ!

 

それでは、またお会いしましょう。

高橋政史

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-9-11-26